東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

大好きな作品 「 天平萠ゆ」

この日記は 自分の記録として公開せずにいましたが 大切な友人へのクリスマスの贈り物として アップすることにいたしました。
 
「東大寺」については 立派な写真家さんが写真集を出されたり 多くのメディアが映像を撮影してます。
今日は 写真集の話ではなく 「映像作品」のお話です。
それも 私の大好きな東大寺を ほんとに素晴らしい 「映像詩」で綴られた「天平萠ゆ」という作品について 長く長く そして 私らしくご紹介しようと思います。お付き合いくださいませ。
 
 
ことのはじまりは…
東大寺学園青々中学第八回生の卒業50周年記念同窓会の席からだったという。
同級生の中に パナソニックで撮影カメラ開発に携わってた人と 撮影カメラマンとして活躍している人がいてることから このプロジェクトがスタートした。
 
アラフォーならぬ アラセブンティーのおじ様たちの大活躍が始まった^^
 
東大寺で遊ぶあたしも そのうち顔見知りになり いろんなところで出会う数年だった。
 
そのDVDが ついに完成し 2011年 10/3 東大寺総合文化センターにて 記者発表・完成披露試写会・レセプションが行われた。  
a0212036_1739159.jpg

 
こんな私ですが 一応 奉賛・制作費募金してたので 招待状を頂き 出来たら記者発表から見たい旨をお知らせしたら 快諾下さったので 記者発表からのお話も聞かせて頂けた。
 
■「天平萠ゆ」記者発表
向かって左から 狭川普文さま 宗次郎さん 森本委員長 狭川宗玄長老さま 阪本監督
a0212036_17534031.jpg

 
■狭川宗玄長老さま
a0212036_17564611.jpg

 第八期生の恩師 宗玄長老さまのナレーションが全編に流れる
 現在東大寺僧侶最高年齢で 90年以上をこの東大寺で過ごされる。
 阪本監督が「プロのアナウンサーの言葉より90年の年月をこの東大寺と生きてこられた長老の言葉には命があるんだよ」とあたしに話て下さった。
 長老さまは いろいろなお話をされたけれど…
 「彼らは撮影の全てをノーライトで行うと言って来た。それもOKを出す大きな一つだった。」
 「また 多くの教え子たちが黒子的な存在で まるで七人の侍のようだった」
 「青々中学の教育が間違ってなかったと 心から感動した」
 と 終始にこやかに^^
 
■狭川普文さま 
a0212036_18164492.jpg

 「天平萠ゆ」の名付け親
 10代の果敢な時代の熱さを映像にしたいという話をもってこられた。
 そして出来上がった作品は 四季折々の空気感が見事に映像詩として表現され 今までの多くの作品を越えるであろうと確信した…
 と いつも熱い普文さまが もっともっと熱く語られた。
 
■阪本善尚監督
a0212036_18223978.jpg

 「東大寺」には すでに知的好奇心を満たす 建築学的・歴史学的・芸術・美術的作品は数多く存在する。今更 私がその分野を撮影しても意味がないような気がした。
 それで 多感な10代を過ごしたこの東大寺の あるがままの空気が撮れないか? という挑戦をしてみた。空気感をどこまで共感できるか。自分の感じた東大寺が映せるか。
 そして 天平の時代にも 現代と同じく天変地異があり 人々は苦しみ立ち上がり生きていく。それを今にどう伝えられるか? 
 同窓生が それぞれに卒業し社会に貢献し 自分が生きてきたプロフェッショナルな部分を生かして 本日完成の日となった。
 と 相変わらず少年のように語る アラ70♪
 撮影作品一例 ⇒ 転校生・突入せよ!あさま山荘事件・男たちの大和etc
 
■宗次郎さん
a0212036_18264074.jpg

 25年前に東大寺でコンサートをした御縁。
 しかも 東大寺などの写真を手がけるU田さんの写真をCDにお借りした。その御縁から 今回このお話を聞き ぜひとも…と参加させていただいた。
 長老さまの話や 映像を邪魔しない音楽となるよう願った。 と仰った。

 
 
         こんな感じの記者発表でした♪
  
 
      ・・・・・いよいよ完成披露試写会・・・・・
 
まずは 花束贈呈や…
a0212036_18301839.jpg

 
実行委員会から東大寺へのDVD贈呈や…
a0212036_1831501.jpg

 
 
北河原別当さまのご挨拶や…
a0212036_18331862.jpg

 
そして 宗次郎さんの演奏
オカリナの音色が空気を綺麗にしていく感じ
こんなに綺麗な音色だとは・・・・びっくり!
a0212036_18352851.jpg

 
 
 
       試写会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0212036_1838312.jpg

 
 
   時間にして1時間45分
   お水取りは およそ30分
 
   今まで見た 東大寺の色々な映像の中で
   一番 大好きな作品に出会いました。
 
東大寺好きな人のために チャプターをメモります。
 
   イントロダクション お地蔵さまの話
   大仏誕生 東大寺
   東大寺存亡の危機
   長老90余年 華厳の心
   開山忌 練行衆発表
   新年を迎える東大寺
   若草山 山焼き
   修二会Ⅰ(六時行法)
   修二会Ⅱ(小観音・お水取り)
   修二会Ⅲ(達陀・達陀帽いただかせ)
   東大寺の春 仏生会(お釈迦様誕生日)
   聖武祭
   夏・大仏様のお身払い 金剛力士立像
   転害会(バラバラ経)
   光明皇后1250年御遠忌法要
   祈り エンディング
 
 
サッとみても 「なんだって!練行衆発表!!」と そのシーンに釘付けになりますし 法華寺さんでの法要もありましたし… 空気がそのまま詰まってるんです。

いつのまにか手を合わせてみている人や 頬を涙流れてる人とか なんていえばいいのか…
機会があらば ぜひ東大寺好きな人には ご覧頂きたい作品でした。
 
明るくなり 席を立った前のご婦人が
「まさか こんなに考えさせられるなんて…」と友人に呟いてた。
 
 
そして この数年間 東大寺境内で撮影なさっているところに 何度も何度も何度も出会いました。
そのときの 皆様の撮影風景を すこぉし ご紹介します。
 
■長い長い俊乗忌法要にて…
a0212036_18423076.jpg

a0212036_18432538.jpg

a0212036_18434935.jpg

 
 
この日 俊乗堂の撮影のとき 一緒に入れてもらえた。(スタッフです)
映像の中にありますが 法要直後のお堂なので お香の馨りや 足元には樒の散華が散らばっているんです。 ご覧になると きっとお香の馨りを感じることが出来ると思いますよ。 
a0212036_18543078.jpg

 
  
      ドキュメンタリーは 一発勝負で
      人が少なければいいけれど
      東大寺には 多くの人が集まってくるから
      決して 簡単な撮影じゃなかったはず…
      失敗したら 一年後…
      一年後にあればいいけど なかには50年後…
 
  
宗玄長老さまが「七人の侍」と名づけた面々…!
a0212036_18561621.jpg

 
 
そして 一番大きな目的としておられた 「光明皇后1250年御遠忌法要」
それは素晴らしい映像だったよ
a0212036_18572916.jpg

 
a0212036_18584714.jpg

 
          「失敗は許されないんだよ」と何度も仰ってた。
          スタッフも みんな緊張なさってた。
 
■散華舞う空と 阪本監督
a0212036_1902985.jpg

 
■監督のカメラが見てた景色(^^)v
a0212036_1913261.jpg

 
 
          試写会が終わったとき 監督とお話した。
          「どうでしたか?」
          「あたしが探してた東大寺がありました」
          「あなたに そう言って貰えて ほんとに嬉しい」
          やっと 監督と握手できた。
          大きなあったかい手だった。

          宗次郎さんにも紹介していただき 恐縮…!
          「音声観音さまの奏でるメロディーは こんなメロディーだったんだ」
          と思ったことをお伝えできた。
          このシーンはほんとに胸がいっぱいになるよ。
  
 
     
             僕にとっての仏像は
             ライトを当てられて細部までわかるような
             そういう仏像ではないんです
             10代の頃 この境内で過ごし 見てきた仏像…
             今回 仏の森(三月堂)の撮影をした時
             薄暗いその中で ファインダーの中にその姿を探し
             じっとお顔を見ていると ほんとに
             ありきたりの安らぎを覚えるんです。
                                (阪本監督)
 
 
 
          桜が咲き 風が舞い
          月が昇り 鹿がふりかえる
          雪が積もり 霧が流れる
          その中に 阪本監督の華厳の心探しがありました。
 
          ぜひ 沢山の人に ご覧頂きたいと願うのであります♪
           
          阪本監督 そして天平萠ゆのスタッフの皆様
          本当に素晴らしい作品を作ってくださり有難うございます。
          また いつか境内でお会いできる日を 楽しみにしております^^
          
  
 
尚 この作品は 東大寺ミュージアムショップでも購入できますし アマゾンでも購入できます。
 
[PR]
by susatan | 2012-12-25 19:35 | その他 | Comments(5)
Commented by yumechigai at 2012-12-25 19:51
susatanさん、素敵な素晴らしいクリスマスプレゼントをありがとうございます。
昨日、この「天平萌ゆ」のDVDを全部通して見ていました。
映像も語りも音楽も、すべてが東大寺をそのままに伝えてくれる作品に
じっと見入っていました。

最初のシーンを見た途端に更に東大寺が好きになりました。
大晦日の東大寺どんなふうに感じるでしょうか?楽しみです。
Commented by susatan at 2012-12-26 09:58
◆yumechigai さん♪
 おはようございます♪
 長い日記をお読み下さり コメントありがとうございます^^
 
 ★最初のシーンを見た途端に更に東大寺が好きになりました。
 素敵な言葉をありがとうございます。
 もしスタッフの方が この言葉を聞かれたら 
 ほんとに喜ばれることと思います
 
 師走の東大寺に きっと一千年以上 
 毎年毎年変わりなく準備される年越しの「何か」を
 感じれるといいですね^^ 
 大仏様の肩のあたりから 年神さまが 
 のぞいておられるかもしれませんね♪
Commented by susatan at 2012-12-26 10:04
◆鍵コメさん♪
 コメントありがとうございます^^
 来年も 素敵なシーンに一杯出会いたいですね。
 きっと 細胞に「大和遺伝子」が組み込まれてるんですよ^^
 
 
 
 
Commented by まつけん at 2012-12-27 23:52 x
今日アマゾンからDVDが届きいま見ました。
最後のほうの1250有余年 御仏はいかほどの人々の祈りをうけてこられたのか・・・・・・という言葉
御仏にお祈るする人々、宗次郎の音楽、北河原官長の日本人の宗教心のうすれ
いろいろ考えさせられる事がありました。
Commented by susatan at 2012-12-28 07:37
◆まつけんさん♪
 おはようございます♪
 !!!DVD ご覧になられたんですね!!!
 コメントありがとうございます。
 同じようなことを あたしも感じ 考え 感動しました。
 きっと ご覧になられた人々の心に
 いろいろな色の石を投じてくださる作品だと思います。
 それは 人生観なのか それとも今日出会う人への心遣いなのか
 誰かを思う「祈り」の心なのか…
 心の奥底にある鏡のような池に波紋がキラキラと光る作品ですよね^^
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー