東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

嵐の中 きみは…  ある蝉のこと

          菩提樹の枝先に 透き通った羽の蝉
          もう 季節も すっかり変わったのに
          こんなところに ひとりきり
 
          そう言えば…
          「幸福の王子」という物語を思い出す。
 
            南の国に帰ろうとしていたツバメが
            町に立つ銅像の王子さまのお遣いとなり
            貧しい人々のもとへ 王子さまに飾られてる
            宝石を 運び続ける
            やがて 冬が来て ツバメは 死んでしまい
            王子さまは それをなげき悲しみ 心臓が壊れてしまう。
            体中の宝石も金箔もなくなった銅像は 取り壊され
            王子さまの心臓もゴミ捨て場に捨てられてしまう。
 
            ある日…
            神様から 「あの町で もっとも尊いものを2つ持ってきなさい」
            そう言われた天使たちは ごみ捨て場から王子さまの心臓と
            ツバメの亡骸をもって 天国に帰っていったという。
a0212036_15352743.jpg
 
          菩提樹の枝先の
          透き通った羽の この蝉は
          手を伸ばしても
          なにをしても 微動だにせず
          しっかり枝に掴まったまま…
          一匹の蝉が選んだ死に場所は
          樹齢700年の菩提樹の枝先だった。
 
撮影:2014/10/12
【MEMO】 西大寺さん境内にて
       「死に場所」と書きましたが ほんとは 「どんな生き方をしたのだろう」と
       一匹の蝉の姿が 大きく 大きく 見えました。         
          
         
[PR]
by susatan | 2014-10-13 15:55 | その他 | Comments(3)
Commented by susatan at 2014-10-13 20:39
◆鍵コメさん♪
 楽しみにしております^^ノ
Commented by umisanjin at 2014-10-13 23:38
え? これって、枝に掴まって死んでるんですか、、、
初めて見ました @@
Commented by susatan at 2014-10-14 06:22
◆umisanjin さん♪
 そうなんですよ~
 わたしも 「まさか??」と びっくりしました。
 もちろん 初めて見ました @@!
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー