東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

唐招提寺さん 中秋の名月 2015



その昔
東山魁夷画伯の
「樹の向うにある樹を描きました」の一言が
わたしを唐招提寺へ結んでくれた

それは何十年も前の話



今年も また この夜に此処にきました。
ほんの数枚ですが
わたしが過ごした唐招提寺境内での 中秋の夜を
みなさまへ…

***


辺りに蒼い闇が漂いはじめ
金堂の 木の扉が ぎぎぃ~~と開くと
まばゆい仏さまの姿が
目の前にあらわる

居合わせた人々の口から
わぁ~~という
なんともいえぬ声がでる

お月見の夜に行われる
観月讃仏会法要のはじまり…

a0212036_18042449.jpg



読経の波が 濃くなっていくころ
松の枝のあいだから
中秋の名月が 境内を照らし始めると
仏さまは ますます輝き増してゆく

a0212036_18093243.jpg



やがて法要が終わり
すっかり闇に包まれた境内で
それぞれの月を 眺めて 愛でて


闇の中に 座る人
月見ながら 語らう人
月明かり頼りに彷徨う人

わたしは 今年も 彷徨う人


a0212036_18143509.jpg



月が金堂の鴟尾の上に昇ったころ
境内の人影も 少なくなって

やがて

木の扉が ぎぎぃ~~と
静かに閉まりいくのでした


a0212036_18174236.jpg

撮影:2015/09/27



[PR]
by susatan | 2015-10-01 18:22 | その他 | Comments(12)
Commented by mmpphoto at 2015-10-01 19:34
いいですね~
来年は行きたいなぁ~
とってもいい雰囲気ですが、何かピーンとはりつめた雰囲気が伝わって来ました。
Commented by susatan at 2015-10-01 19:50
◆まささん♪
 いいでしょ~
 ほんとに いいんです^^
 此処にはアップしてませんが 境内は足元を照らす灯籠が
 あちこちに置かれてて 萩の影が揺れてます。
 御廟の苔の庭を照らす月明かりも風情ありますし
 東山魁夷画伯の襖絵の御影堂は 月明かりに浮かんでます。
 ここまで聞いたら 来年 あなたは 此処にくる^^!!

 この空気を感じ取っていただき ほんとうにありがとうございます!!
Commented by shinrajuku at 2015-10-02 13:02
masaさんへの暗示がこっちに効いちゃいました。
来年ボクは此処に行く^^!!(*休みさえあえば^^;)
Commented by susatan at 2015-10-02 14:49
◆shinrajuku さん♪
 オホッ^^;
 此処では 月の出は見れませんが あとは言葉が不必要です^^
 お休みが合えばいいですねぇ でも明日香の名月はどうするんですかw
Commented by pitipitibeach at 2015-10-02 21:20
「ぎぎぃ~」
はい、写真から聞こえております。
重々しい音が。
Commented by susatan at 2015-10-02 21:26
◆pitipitibeachさん♪
 音が聞こえたなら 大成功です^^w
Commented by bonbonno at 2015-10-03 17:02 x
こんにちは^^

唐招提寺、大好きなお寺なんですよね
こちらで中秋の名月を観れるなんて
ほんと羨ましい
わたしも彷徨う人になってみたい^^

どの写真も素敵ですが、さいごの一枚
素敵ですね^^ 
Commented by susatan at 2015-10-04 08:30
◆bonbonno さん♪
 唐招提寺の観月会は ほんとにお勧めいたします^^
 暗い境内も 無茶なライトアップはされずに 足元を照らす
 灯籠が そこかしこに置かれて とても風情があります。
 最後の一枚を気に行っていただきありがとうございます^^!!
 扉が閉まるときって 寂しいのですが 「また来年の中秋の名月に」と
 仏さまと指きりげんまんします^^
Commented by sternenlied at 2015-10-11 04:56 x
susatanさん、詩人ですね!本当素晴らしい語り手です。
まるでその場にいるような。。。、五感で感じられました。
中秋の名月に照らされる仏さまですか、それは凄すぎます!

私が唐招提寺に関心を持ったきっかけは井上靖の「天平の甍」でした。
日本にいた時はこの本を知らなかったのですが、
ドイツに渡ったばかりの頃、こちらのテレビで「天平の甍」の映画を
見て、鑑真という偉大な人物について知りました。
Commented by susatan at 2015-10-11 09:49
◆sternenlied さん♪
 こんにちは♪
 そしてありがとうございます。
 あの月夜の境内の雰囲気を感じていただけたなんて 最高です!!
 お堂の大きな木の扉が開くときの音をぜひ聞いていただきたいです。
 奈良のあちこちで観月会が催されているのですが 
 何処にもいかずに まっすぐに唐招提寺にきてしまいます。

 鑑真和上の心が 境内のあちこちに今でも息づいているように思います。
 ドイツという遠い地で 思いを馳せていただけるなんてとても嬉しいです(^^♪
Commented by sternenlied at 2015-10-11 17:08
聖人の心があちこちに息づいているといえば、思い出すのが聖フランチェスコのゆかりの地アッシジです。アッシジは世界中から観光客や巡礼者がひっきりなしに訪れる場所なので、イタリア周遊旅行で初めて訪れた時、観光地化しているだろうとあまり期待していなかったのですが 、アッシジに着いてバスを降りた瞬間、うわあ、なんだここは〜?!と驚いてしまいました。透明に冴え渡った清らかな空気! まるで聖フランチェスコの賛歌を歌うようにさえずっている小鳥たちの透き通った明るい声がうららかな抜けるような青空に響き渡っていて、別世界の空間に入り込んだような感じがしました。町の中を巡っていても、白っぽい石造りの家々や石畳に聖フランチェスコの魂が消えることなく染み渡っているのが感じられました。アッシジ、susatanにもきっと気に入るだろうと思いますよ。
Commented by susatan at 2015-10-13 08:12
◆sternenlied さん♪
 おはようございます♪
 わたしは 日本どころか この奈良の地しか知らないのですが
 外国の地でも やはり そこに息づく魂が 何百年も いやもっと
 長い時をあるんだなぁと思いました。
 初めて訪れられたときに 感性で受け取られたメッセージ…
 素晴らしいですね!!
 アッシジ… 行ってみたいけれど なかなか行けないでしょうが
 今は便利な世の中で せめてその空気をPCの中で味わいたいと思います。
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31