東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

駆け抜けた @ 1266回 修二会




初めての童子さん

お松明は練習なし
本番の積み重ね


初めは先輩童子さんが
付き添って見守っておられた


5日目に見た彼は
キッと唇を噛みしめ
たった一人で
舞台の北から南へ駆け抜けた


松明を担ぐ腕の向うに
大仏殿が浮かびあがった

a0212036_07290313.jpg
撮影:2017/03/05 写真clickで大きくなります

【MEMO】
1266年続くというのは
練行衆だけでなく
それを支える人々も
こうして伝え続けているから
「続く」んだと思った夜でした

童子(どうじ)…修二会の雑役に携わる人のことで
    お松明を作り担ぐのも担当


[PR]
by susatan | 2017-03-06 07:38 | 修二会風景 | Comments(2)
Commented by umi_bari at 2017-03-06 08:48
練習なしなんですか、驚きました。
松明の迫力に圧倒されました、
有り難うございます。
Commented by susatan at 2017-03-06 09:48
◆アラックさん♪
 おはようございます♪
 実地に学び得とくしていくという厳しい世界で今頑張っておられます。
 そういう姿を垣間見ながら 自己反省に繋がる私であります^^
 いつも コメントをありがとうございます!!
 
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31