東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

早朝 @ 二月堂裏参道





土塀に添って歩いていくと
観音さまのおられる
二月堂へ


a0212036_14113487.jpg
№ F-179







[PR]
by susatan | 2017-09-05 09:41 | 二月堂 | Comments(8)
Commented by 0909-bulan at 2017-09-05 16:19
うわぁ!
とっても良い感じですね!
うん!すごく好き!!!

で、susatanこんにちは~。
Commented by susatan at 2017-09-05 17:33
◆ブランチャーーーン♪
 ゥオッ!!!!!!
 ブランチャンが反応してくれたぁーーーー\(^o^)/ コンチハーー!!
 
 撮れる人には 簡単に撮れる なんの変哲もないシーンなんですけど
 なかなか こういうタイミングに出会えず 何年もかかったような気がします^^
 一期一会の一瞬でした^^
 コメントありがとーーーーーー♪
 
Commented by mementomorierikon at 2017-09-06 04:11
下駄の音は聞こえますか?
袈裟の擦れる音は聞こえるのでしょうか?

私には聞こえてくるような一枚です。
厳粛な空気感ですね。

ひとつ前の空と鳥、
あの薄ピンクのような朱色のような空に
ハッキリわかる黒の鳥の姿が神々しい!  

(朝はとても早いんです。早いのが合ってるのかな。
 瞑想らしき?時間もあって。へへへ・・・。
 なってませんが、昔っから農家さんの嫁になれるといわれ てました)
Commented by susatan at 2017-09-06 04:58
◆eriko さん♪
 おはようございます♪
 そして やっぱ 朝早いw
 「瞑想」はしたことがありませんが 夜明け前の独特の空間は
 きっと その「らしき」時間に素晴らしいひとときやろなぁと思います。
 朝の早い人は午前中が普通の人の倍の楽しみがあると思うワタシです(笑

 嬉しいです 音を感じて頂けて ほんとに嬉しいです。
 実はタイトルに そういう音に関したものをつけようかと思ったのですが
 あえて伏せたんですょ そしたらerikoさんのコメント!!!
 ワタシが撮影の時に聴覚で感じてたものを 感じてくださった~~
 ほんとにウレシーーーーーー!!!!

 ↓ 200枚の空から一枚 綺麗な朝でした。
 自宅ベランダから空だけ撮るという 妙な修行中です。
 どれだけイメージが広がるか それともシンプルになれるか
 変化のあまりないシリーズを見守って頂くと 嬉しいです^^!!
 「鳥」は上手く写ってくれました^^^^
 
 
Commented by ryu_aida at 2017-09-06 19:48
おー、味わいがありますね!!

こういう写真を見せられますと(笑)、
奈良に住んでいる人が羨ましくなります。
Commented by susatan at 2017-09-06 20:08
◆りゅうさん♪
 こんばんは♪
 わぁ!! ありがとうございます^^
 今まで あまりお坊さまの写真は載せてなかったんですが…^^;
 たまには いいですよね^^
 だって~ お寺の境内ですもんねぇ^^

 ぅふふ。。。。奈良住みって けっこう ええっしょ^^
 そこらへんに 鹿もおりますぜ^^w
 
Commented by pitipitibeach at 2017-09-06 20:40
とても
どうでもええ話ですが
私は
サワガニを見るために
道の逆側を
下向いて歩きます


やはり躓きます
Commented by susatan at 2017-09-06 20:57
◆pitipitibeachさん♪
 ぃぃえ とっても大事なお話ですってば^^
 ワタシは アライグマが
 このブログを 見てると 困るので
 サワガニのことは 書かない… いぁ 書いたことあるw
 曇りや雨の日に行くと
 サワガニが 土塀と溝の間を 行ったり来たりしてるんですょ^^

 で.....わかりますw
 この道って 歩きやすそうに見えて そうではない
 躓いたり 滑ったり… 雪の日は 舐めたらあかんぜょ道^^
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30