東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

とんど 風景-1




ボクの 書初めも
兄ちゃんの 書初めも

天 高く
高く 高く 昇っていけ


a0212036_09454254.jpg

№ G-440

写真clickで大きくなります




***
お正月のお飾りや
書初めを燃す
お餅をその火で焼いて食べた
ちょうちんに火をもらって帰り
神棚に灯して
火鉢の鍋で小豆も炊いた
明朝 小豆粥にするんゃて

とんど


まだまだ 奈良のあちこちで 1/14に行われてる






第2回プラチナブロガーコンテスト
   (写真部門)


[PR]
by susatan | 2018-01-19 15:28 | その他 | Comments(8)
Commented by dima02 at 2018-01-19 16:18
「とんど」は各地で色々な呼び方をされてます。
大阪も「とんど」です。
長いこと、行ってません。。。
Commented by susatan at 2018-01-19 17:47
◆dima さん♪
 こんばんは♪
 いろんな処のを見に行ってみたいですね~~
 同じ日にあるし 点火の時間がほとんど同じ頃なので
 何年もかかって あちこち見に行くという気の長いものになりますが^^
 有名な大とんども迫力あって良いですが 許されるなら
 小さな集落のものを見てみたいなぁと思います^^
Commented by umi_bari at 2018-01-19 21:12
一枚の写真が、司馬らしい芸術になっていますね。
お見事バグースです。
地域によって、呼び名が変わりますね。
どんどん焼き、どんと焼き、とんど焼きなどですね。
アラック、経験がないんですよ。
Commented by susatan at 2018-01-20 05:51
◆アラックさん♪
 おはようございます♪ そしてありがとうございます!!
 とんどは あちこちにあるんですね~
 現代においても こんな体験が出来る子供たちって 羨ましいですね!!
 いつまでも残ってほしい行事ですが この先 どうなっていくんでしょうか
Commented at 2018-01-22 09:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by susatan at 2018-01-22 10:57
◆2018-01-22 09:17の鍵コメさん♪
 おはようございます♪
 今は 町の中では焚火なんて出来ませんからねぇ
 
 雪… 積もるでしょうか^^?
 たとえ積もっても この冬はあちこち撮影には行けそうにないですが…
 (まず 運転がダメですから^^;
 せめて どこか… 近いところでシャッター押せると幸せです^^
 鍵コメさんも ご無理なさいませぬよう…♪
Commented by kobatetuapril at 2018-01-28 23:22
奈良でも「どんど」っていうんですね~。
古都の重厚な歴史にいだかれてのどんど・・。羨ましいし見てみたいです。
少年の仕草もいいタイミングですが、斜めに走る道路を境にしての青と赤の美しい線対称が非常に素晴らしいです。
私は「『写真は光線だ』原理主義者」なので、色に感銘を受けることは滅多に無いのですが、
この作品の彩りの美しさにはため息が出ました。
拡声器付きの電柱や、道路のパースの果てにある街路灯なんかも、すごくいい仕事してますよね。
素晴らしい作品だと思います。
Commented by susatan at 2018-01-30 05:50
◆kobatetuさん♪
 こちらの集落のとんどは すんごい斜面で行われるのですが
 子供は その坂で平気でサッカーボールを蹴ってます^^
 もし 蹴飛ばし損なったら ずっと下の谷まで取りにいくのかなと
 ワタシは とても心配でした(笑
 構図などは まったく考えてないので 素敵なコメントを頂くと
 ほんとに 恥ずかしゅうて 隠れてしまいたいですよ^^
 初めて これを撮影に行った時 帰り際に 村の人が
 「帰り 谷に落ちても助けに行けんから 泊まっていき」と
 心配してくださったことが いまでも 心に残ってます。
 その集落の匂いが 写真に写せたのかもしれません。
 いつも ありがとうございます!!
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー