東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:その他( 527 )

般若寺さん キラリ 水仙♪

          雨上がり
          モノトーンな風景が
          ちょっと 重くて
 
          ふと
          般若寺さんの水仙 
          咲いたかな…??
          
 
  
          雨上がり
          冬風景の境内で
          水仙 ひとつふたつ
          その ましろな花が
          心を ほわんと 暖めてくれた
a0212036_10425330.jpg

  
          雨で濡れた仏さまの やさしい微笑みが
          花びらに 葉に いっぱい こぼれて 
          キラリ キラリ
a0212036_1043385.jpg


撮影:2013/01/22

【MEMO】 水仙は まだもう少し早いようでした。 2月になったら いーっぱい咲きそうです。
       モノトーンな東大寺さんだったので 帰りにちょっと寄り道しました^^v
[PR]
by susatan | 2013-01-23 10:44 | その他 | Comments(2)

平城宮跡  物語 「ひとひのはじまり」

          気まぐれで 早朝に 宮跡に紛れ込む
          今朝は もやも立ち込めてない   
          つまんない朝
 
          お花見季節でもないから
          カメラマンもいない
          静かな朝
  
 
          ひんがしの空に 火の玉が登り始めた
          あんまり つまんないと言ったから
          うす雲が空にベールをかけた
 
          すると
 
          光の輪が光の玉のまわりに
          輝いた
     
a0212036_21114052.jpg

 
          一本の樹と 光の玉に釘付け

a0212036_2118535.jpg

 
          じっと眺めながら
          天照大神さまが岩戸から外を覗かれたときに
          真っ暗闇の世界を照らした光は
          やっぱり こんなのかなと思う
 
          ひとひのはじまりは 厳か
 
a0212036_21202816.jpg

 
          まぶしい光に目を細めながら
          それでも見つめてると
 
          まるで 枝が血管
          火の玉は 命
 
          ひとひが息づき 生まれる
 
a0212036_21232645.jpg

 
          ひとひの誕生を見てると
          火の鳥に憧れた鳥が一羽飛んできた
 
a0212036_21252448.jpg

 
          無事 近づけるんだろうか…
 
a0212036_21292613.jpg

 
          彼は今 火の鳥になろうと…
              叫ぶ
 
          僕は 火の鳥なんだよ
 
a0212036_21311439.jpg

 
          次の瞬間 彼は消えた 
 
          やっぱり今朝は静かな朝
          ひょっとすると空は海なのかもしれない
 
          雲は波となり 打ち寄せた  
 
a0212036_21325275.jpg

 
 
【MEMO】 2011年5月16日の平城宮跡の早朝の風景です。 
       もう随分前の風景ですが 私のお気に入りの風景なので アップしてみました。
[PR]
by susatan | 2013-01-11 21:50 | その他 | Comments(2)

変わりなく 元日の…

          TVの画面が ゆく年くる年になったら
          いつも 窓を開ける
          
          年が変わった瞬間を
          ひょっとしたら 感じるかもしれないと
          毎年 窓を開けて 夜空を見つめる
 
          そして あちこちの除夜の鐘が聞こえだし
          テレビから 初春を祝う気配がしてくると
          小さな氏神さまに ご挨拶に出かける
a0212036_14352797.jpg

 
          毎年のように お神酒をいただき
          氏神さまに 新春の慶びを申し上げる
 
 
          毎年 そのまま 家に帰るのだが
 
          今年は 西大寺さんへ行ってみた。
          並んだ人は みな撞けるという除夜の鐘には
          たくさん たくさんの人が 並び
          それは 賑やかな本堂前^^
 
          ふと…  境内塔頭の門をのぞくと
          闇の中に 阿弥陀様が浮かび上がり
a0212036_14434680.jpg


          賑やかな境内とは またちがう
          なんとも 素敵な 初詣 
a0212036_14451750.jpg

 
          初春の夜に輝く阿弥陀さま
a0212036_14492539.jpg

 
 
          夜が明けて
          今年も変わりなくすることは…
          唐招提寺さんへ行くこと^^
 
          年に一度だけ持ち出す「御朱印帳」
          毎年元日に 唐招提寺さんで頂くの
 
          毎年一つ増えていく^^
 
          いつのまにか
          「今年も こうして同じように過ごせる幸せ」
          それを感じるようになった。
 
          元日から その感謝を込めて初詣^^♪
a0212036_14551589.jpg

 
          唐招提寺さんの千手観音さまの御前にて
          今年もお守りいただいた。
  
撮影:1/1                    

【MEMO】 
 毎年元日だけは 氏神さまと唐招提寺さん^^
 今年は 昨年からの御縁と感謝をもって西大寺さんにも御参りしました。
 東大寺さんへは これからじっくりと じーっくりと 通います^^
[PR]
by susatan | 2013-01-03 15:05 | その他 | Comments(4)

大好きな作品 「 天平萠ゆ」

この日記は 自分の記録として公開せずにいましたが 大切な友人へのクリスマスの贈り物として アップすることにいたしました。
 
「東大寺」については 立派な写真家さんが写真集を出されたり 多くのメディアが映像を撮影してます。
今日は 写真集の話ではなく 「映像作品」のお話です。
それも 私の大好きな東大寺を ほんとに素晴らしい 「映像詩」で綴られた「天平萠ゆ」という作品について 長く長く そして 私らしくご紹介しようと思います。お付き合いくださいませ。
 
 
ことのはじまりは…
東大寺学園青々中学第八回生の卒業50周年記念同窓会の席からだったという。
同級生の中に パナソニックで撮影カメラ開発に携わってた人と 撮影カメラマンとして活躍している人がいてることから このプロジェクトがスタートした。
 
アラフォーならぬ アラセブンティーのおじ様たちの大活躍が始まった^^
 
東大寺で遊ぶあたしも そのうち顔見知りになり いろんなところで出会う数年だった。
 
そのDVDが ついに完成し 2011年 10/3 東大寺総合文化センターにて 記者発表・完成披露試写会・レセプションが行われた。  
a0212036_1739159.jpg

 
こんな私ですが 一応 奉賛・制作費募金してたので 招待状を頂き 出来たら記者発表から見たい旨をお知らせしたら 快諾下さったので 記者発表からのお話も聞かせて頂けた。
 
■「天平萠ゆ」記者発表
向かって左から 狭川普文さま 宗次郎さん 森本委員長 狭川宗玄長老さま 阪本監督
a0212036_17534031.jpg

 
■狭川宗玄長老さま
a0212036_17564611.jpg

 第八期生の恩師 宗玄長老さまのナレーションが全編に流れる
 現在東大寺僧侶最高年齢で 90年以上をこの東大寺で過ごされる。
 阪本監督が「プロのアナウンサーの言葉より90年の年月をこの東大寺と生きてこられた長老の言葉には命があるんだよ」とあたしに話て下さった。
 長老さまは いろいろなお話をされたけれど…
 「彼らは撮影の全てをノーライトで行うと言って来た。それもOKを出す大きな一つだった。」
 「また 多くの教え子たちが黒子的な存在で まるで七人の侍のようだった」
 「青々中学の教育が間違ってなかったと 心から感動した」
 と 終始にこやかに^^
 
■狭川普文さま 
a0212036_18164492.jpg

 「天平萠ゆ」の名付け親
 10代の果敢な時代の熱さを映像にしたいという話をもってこられた。
 そして出来上がった作品は 四季折々の空気感が見事に映像詩として表現され 今までの多くの作品を越えるであろうと確信した…
 と いつも熱い普文さまが もっともっと熱く語られた。
 
■阪本善尚監督
a0212036_18223978.jpg

 「東大寺」には すでに知的好奇心を満たす 建築学的・歴史学的・芸術・美術的作品は数多く存在する。今更 私がその分野を撮影しても意味がないような気がした。
 それで 多感な10代を過ごしたこの東大寺の あるがままの空気が撮れないか? という挑戦をしてみた。空気感をどこまで共感できるか。自分の感じた東大寺が映せるか。
 そして 天平の時代にも 現代と同じく天変地異があり 人々は苦しみ立ち上がり生きていく。それを今にどう伝えられるか? 
 同窓生が それぞれに卒業し社会に貢献し 自分が生きてきたプロフェッショナルな部分を生かして 本日完成の日となった。
 と 相変わらず少年のように語る アラ70♪
 撮影作品一例 ⇒ 転校生・突入せよ!あさま山荘事件・男たちの大和etc
 
■宗次郎さん
a0212036_18264074.jpg

 25年前に東大寺でコンサートをした御縁。
 しかも 東大寺などの写真を手がけるU田さんの写真をCDにお借りした。その御縁から 今回このお話を聞き ぜひとも…と参加させていただいた。
 長老さまの話や 映像を邪魔しない音楽となるよう願った。 と仰った。

 
 
         こんな感じの記者発表でした♪
  
 
      ・・・・・いよいよ完成披露試写会・・・・・
 
まずは 花束贈呈や…
a0212036_18301839.jpg

 
実行委員会から東大寺へのDVD贈呈や…
a0212036_1831501.jpg

 
 
北河原別当さまのご挨拶や…
a0212036_18331862.jpg

 
そして 宗次郎さんの演奏
オカリナの音色が空気を綺麗にしていく感じ
こんなに綺麗な音色だとは・・・・びっくり!
a0212036_18352851.jpg

 
 
 
       試写会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0212036_1838312.jpg

 
 
   時間にして1時間45分
   お水取りは およそ30分
 
   今まで見た 東大寺の色々な映像の中で
   一番 大好きな作品に出会いました。
 
東大寺好きな人のために チャプターをメモります。
 
   イントロダクション お地蔵さまの話
   大仏誕生 東大寺
   東大寺存亡の危機
   長老90余年 華厳の心
   開山忌 練行衆発表
   新年を迎える東大寺
   若草山 山焼き
   修二会Ⅰ(六時行法)
   修二会Ⅱ(小観音・お水取り)
   修二会Ⅲ(達陀・達陀帽いただかせ)
   東大寺の春 仏生会(お釈迦様誕生日)
   聖武祭
   夏・大仏様のお身払い 金剛力士立像
   転害会(バラバラ経)
   光明皇后1250年御遠忌法要
   祈り エンディング
 
 
サッとみても 「なんだって!練行衆発表!!」と そのシーンに釘付けになりますし 法華寺さんでの法要もありましたし… 空気がそのまま詰まってるんです。

いつのまにか手を合わせてみている人や 頬を涙流れてる人とか なんていえばいいのか…
機会があらば ぜひ東大寺好きな人には ご覧頂きたい作品でした。
 
明るくなり 席を立った前のご婦人が
「まさか こんなに考えさせられるなんて…」と友人に呟いてた。
 
 
そして この数年間 東大寺境内で撮影なさっているところに 何度も何度も何度も出会いました。
そのときの 皆様の撮影風景を すこぉし ご紹介します。
 
■長い長い俊乗忌法要にて…
a0212036_18423076.jpg

a0212036_18432538.jpg

a0212036_18434935.jpg

 
 
この日 俊乗堂の撮影のとき 一緒に入れてもらえた。(スタッフです)
映像の中にありますが 法要直後のお堂なので お香の馨りや 足元には樒の散華が散らばっているんです。 ご覧になると きっとお香の馨りを感じることが出来ると思いますよ。 
a0212036_18543078.jpg

 
  
      ドキュメンタリーは 一発勝負で
      人が少なければいいけれど
      東大寺には 多くの人が集まってくるから
      決して 簡単な撮影じゃなかったはず…
      失敗したら 一年後…
      一年後にあればいいけど なかには50年後…
 
  
宗玄長老さまが「七人の侍」と名づけた面々…!
a0212036_18561621.jpg

 
 
そして 一番大きな目的としておられた 「光明皇后1250年御遠忌法要」
それは素晴らしい映像だったよ
a0212036_18572916.jpg

 
a0212036_18584714.jpg

 
          「失敗は許されないんだよ」と何度も仰ってた。
          スタッフも みんな緊張なさってた。
 
■散華舞う空と 阪本監督
a0212036_1902985.jpg

 
■監督のカメラが見てた景色(^^)v
a0212036_1913261.jpg

 
 
          試写会が終わったとき 監督とお話した。
          「どうでしたか?」
          「あたしが探してた東大寺がありました」
          「あなたに そう言って貰えて ほんとに嬉しい」
          やっと 監督と握手できた。
          大きなあったかい手だった。

          宗次郎さんにも紹介していただき 恐縮…!
          「音声観音さまの奏でるメロディーは こんなメロディーだったんだ」
          と思ったことをお伝えできた。
          このシーンはほんとに胸がいっぱいになるよ。
  
 
     
             僕にとっての仏像は
             ライトを当てられて細部までわかるような
             そういう仏像ではないんです
             10代の頃 この境内で過ごし 見てきた仏像…
             今回 仏の森(三月堂)の撮影をした時
             薄暗いその中で ファインダーの中にその姿を探し
             じっとお顔を見ていると ほんとに
             ありきたりの安らぎを覚えるんです。
                                (阪本監督)
 
 
 
          桜が咲き 風が舞い
          月が昇り 鹿がふりかえる
          雪が積もり 霧が流れる
          その中に 阪本監督の華厳の心探しがありました。
 
          ぜひ 沢山の人に ご覧頂きたいと願うのであります♪
           
          阪本監督 そして天平萠ゆのスタッフの皆様
          本当に素晴らしい作品を作ってくださり有難うございます。
          また いつか境内でお会いできる日を 楽しみにしております^^
          
  
 
尚 この作品は 東大寺ミュージアムショップでも購入できますし アマゾンでも購入できます。
 
[PR]
by susatan | 2012-12-25 19:35 | その他 | Comments(5)

ある写真家さん

          そおいえば 入江泰吉さんも
          写真だけでなく 器や絵や彫刻と
          その感性は 多岐に渡ってたとお聞きする。

          東大寺で知り合ったステキな写真家さんの
          小さなコンサートが奈良町であった。
          招待を受けて 会場の隅にて 楽しんだ。
 
          彼の奏でる音楽を聞きながら
          彼が写真家以外に 多くの引き出しをもってることに
          初めて気付いた。
 
          東大寺の同じ場所で 
          何人もの人が同時に撮影しても
          彼の作品が なんとなく違うのは 
          そういう引き出しの違いなのかしら…
 
          透き通った写真を撮っておられる
          ステキな写真家さんは
          シャッター押す長い指で ショパンを奏でておられた。
 
          コンサートのあと
          燃える木々を眺めるために
          奈良町を足早に後にした。
a0212036_10173650.jpg

 
 
11/18:撮影
 
                   
[PR]
by susatan | 2012-11-19 10:19 | その他 | Comments(2)

まねまりね(^^)v

          今日 朝から母からのデンワ
          二人の父は他界しているので
          母たち二人は 亡き父二人の分まで
          とても 大切な人たちなのです。
 
          だから 母たちの一言は
          第一優先事項なの。
 
          「お天気がいいから 何処かに連れて行ってほしいの」
 
          ほんとは 紅葉の中を 一人 気の向くままに歩きたかったけど
          「仕度できたら すぐに迎えにいくからね」 と デンワを切った。
 
          母の好きな新蕎麦を食べに 笠まで ほんの少しのドライブ
          後部座席で 外の景色に キャッキャッ はしゃいでくれた^^
 
          途中の無人の野菜販売所を 一つずつ 停まってあげると
          蜜柑だの 柿だの 山のように買って ウレシそう^^
 
          そして やっと 思い出したように 母が言った。
 
          「写真撮りたいところがあったら 車止めて 撮っておいでね」
 
              ^^;
 
          「うううん 今日は写真を撮る気はないんよ^^;」
 
          一杯 野菜を買い込んで
          大好きな新蕎麦 今年も食べれたって 大はしゃぎ
          家まで送っていくと
          「明日は 雨みたいだから 大人しくしてるわ」 だって^^;
 
          今日は 帰宅してから 買い込んだ新鮮野菜を眺めていると
          こないだ 東大寺境内で見た 霜月落葉の美し世界が浮かんできた
a0212036_19483219.jpg

       
          キッチンで お野菜 あれこれ トントンと
          紅葉写真が撮れなかったと考えながら
          てきとーに切って 器にいれて
          甘酢を ひたひた ひたひた いれて
          そして 思いついた名前が 「まねまりね」
 
          今日の紅葉写真は これでバッチリ☆
          とたんに なんだか 楽しくなった(^^)v
a0212036_1952535.jpg

 
 
11/16:撮影
 
【MEMO】 ブログタイトルとは違うのですが(^^)v たまに こんなのも アリってことで m(__)m
[PR]
by susatan | 2012-11-16 19:56 | その他 | Comments(2)

平城宮跡 つるべ落としな秋の夕暮れ

          夕暮れ時
          あまりにも大きな太陽が
          山際に近づくを見て
          大慌てで 車を停めて
          平城宮跡に 飛び込んだ
a0212036_2204452.jpg

 
          思う場所が見つけられず
          あっというまの つるべ落とし
          あのお日さまは
          奈良時代の人も あたしのように
          じっと 眺めた風景…
a0212036_2231362.jpg

 
 
11/08:撮影
 
 
[PR]
by susatan | 2012-11-08 22:05 | その他 | Comments(0)

平城宮跡  風な日.Ⅵ 何回も来て欲しいくらい

          風な日…
 
          いろんな景色を見た一日…
          読んで下さった人には ありがとぅ^^!
 
 
          最後は いつも思うこと...


          都の址には 遷都祭以来 
          遠足や修学旅行の子供が増えて
 
             ほんとに 嬉しい!
 
a0212036_21365478.jpg

 
          最近の修学旅行の話を聞くと
             海外~♪
             TDL~♪
             USJ~♪
  
          なんだか とてもサビシ.....
 
          社会人になったら よっぽど好きじゃなきゃ
          奈良になんか 来ないってば!
 
a0212036_21393966.jpg

 
          だからね だから…
          「大仏様 見たことあるわ~」だけの記憶になってしまうかもだけど
 
          修学旅行や遠足で どんどん来て
          「大仏さま デッカーイ!」って叫んでほしい。
 
a0212036_21412687.jpg

 
          「平城宮跡って なあんもなかったわ」って思うかもしれないけど
          自分の歩いてる真下に1300年前の記憶が眠ってることを感じてほしい。
 
a0212036_21431332.jpg

 

          この子達が訪れたこの日は
          ずーっと昔と同じように 風が舞い踊ってた日♪
 
           (風な日シリーズ おしまい^^♪)
 
 
  
【MEMO】
 最後の写真の場所が コンクリートで覆われようとしています。
 どうか 目先のことよりも 変わらぬことの大切さに どうか 気付いてください。
 願いをこめて 去年のさり気ない風景を アップさせていただきました。 
 
[PR]
by susatan | 2012-10-16 21:51 | その他 | Comments(8)

平城宮跡  風な日.Ⅴ  待ち人来ずとも

          風な日…
 
 
          都の跡は広すぎて
          大極殿を遠くに見るもよし
          朱雀門をくぐるのもよし
 
          でも 野原が ひたすら広がってる
 
          この遺跡な野原が とてもよし
 
          ここはバードウォッチングに最適な水際のエリア
          湿地帯の真ん中の小道に入り込むと
          決して広くないメインの通りが 別の世界に思える
 
a0212036_20574916.jpg

 
          涼しげな水際の背比べ
 
          起立~♪

a0212036_216436.jpg

 
          礼!!
 
a0212036_2175385.jpg

 
          ほんとに風が走り回ってる日なの
 
          遠くに第二次大極殿あとが…
          まるで ペルーの遺跡みたい
          と 思いっきり風とともに ぶっ飛んでみる
 
a0212036_2194256.jpg

 
          そして…
 
          1300年祭の名残が もうすっかり
          静寂に戻った 都の址に 馴染んでしまってる…
 
 
          この小道…… 
          いつのまにか出来てる
          いったい何人の人が歩いたんだろぉ…
          シロツメ草を 足の甲に感じながら
 
          歩いてみた
 
a0212036_21134760.jpg

 
          とりあえず 

          あそこまで歩いてみよう

          ちょっと 一休みしてみようかな
 
a0212036_2115534.jpg

 
          もう このベンチ全部    
          まるで指定席のように人で埋まる日は
          ないかもしれない ね....
 
2011/05/13:撮影
 
 
[PR]
by susatan | 2012-10-16 21:19 | その他 | Comments(0)

平城宮跡   風な日.Ⅳ  ゴメン

          風な日…
 
 
          ある出来事
    
          朝に昼に夕に いろんな人が 
          ジョギング ウォーキング オサンポリング する小道
 
 
          遺跡の上の草むらには 
          それぞれの社会が成立してるよな感じ
 

          こんな世界や…
 
a0212036_20392552.jpg

 
          こんな世界も…
 
a0212036_20423686.jpg

 
          ついつい この数ミリの花の世界に
          身を沈めて 没頭してると
          すぐ目の前に 羽音がした
 
          ノーテンキなあたしは
          なんて 人に慣れてるんだと 
          花の中から カメラをむけた
 
          目の前で ダンスをしてくれる
          何度も 何度も 飛び跳ねてくれる
 
          朱雀門を背景に きみが朱雀?
 
a0212036_20441968.jpg

 
          真っ黒な紳士のダンスにも飽きて
          小道に戻り 歩き出したとたん
 
          後ろから バサバサっという羽音が聞こえたと思ったら
          頭を蹴っ飛ばして 目の前を通り過ぎて行った
 
          威嚇されてたことに やっと気づいた
 
          不審者は あたし…
 
 
[PR]
by susatan | 2012-10-16 20:52 | その他 | Comments(0)
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー