東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2014年への除夜の鐘の音色は ♪

          長い年月
          毎夜 毎夜 18回
          休むことなく
          大鐘を撞きつづけてきた
          「撞木」
 
          それはそれは 働き者で
          その音色は 低く 低く
          境内の闇の中を
          どこまでも 響いていく
 
          いつのまにか
          撞木は 痛痛しいほど
          傷だらけになっていた
a0212036_1313449.jpg

                    
          2013年12月5日~12日
          宮大工さんの手で
          痛痛しい傷を
          丁寧に 優しく 治療され・・・
          撞木は 美しくよみがえった
a0212036_1361490.jpg

 
          おん祭りの夜
          遷幸の儀に参列する前に
          よみがえった撞木が撞く 鐘の音色を
          真っ暗な境内で 聞いた
 
          それは やわらかい やわらかい 音色になっていた
 
 
          今夜 2013年を見送り
          新しい年を迎える 鐘の音色は
          沢山の人たちの 心にとけこむ
          やさしい やさしい 音色だろうなぁ
          
撮影:2013/11 2013/12
[PR]
by susatan | 2013-12-31 13:17 | 大鐘 | Comments(14)

わたし流 メリークリスマス♪

          クリスマスと 東大寺…
          これを結びつけるのは
          無茶でしょう!と 思いながら
          撮り溜めたフォルダを眺めて
          クリスマスの朝になりました^^
          
          朝になって 思いついた
          メリークリスマスを
          みなさまへ お届けいたします。
 
          素敵なクリスマスを お過ごしください^^
a0212036_762291.jpg

          
 
【MEMO】 
 東大寺さんには 海外から沢山の人々が訪れ いろんな宗教の人々が訪れます
 信仰の深い人も そうでない人も 大仏さまに会いに来られます
 大仏さまの前では ひょっとしたら 人間の作った隔たりなんて
 ないのかもしれませんね^^
 
 2013年、私のホットなクリスマス♪
[PR]
by susatan | 2013-12-25 07:15 | 二月堂 | Comments(10)

2013 東大寺 柿ある風景 ①

          柿ある風景は
          近づいて見るもよし        
a0212036_8185039.jpg

 
          柿ある風景は
          離れて見るもよし
a0212036_8201760.jpg

 
撮影:2013/12

【MEMO】
 冬至も過ぎたのに
 データは まだ秋風景のまま…
 夏も春も そのままだったかも…
 大掃除の合間に
 この一年を振り返りながら
 気まぐれの更新になりそうです^^;
 
 
[PR]
by susatan | 2013-12-23 08:23 | 境内 その他 | Comments(4)

春日若宮おん祭り 月輪の鼉太鼓

          深夜零時
          春日の杜の奥から
          多くの神職の持つ榊の枝に囲み守られ
          春日若宮さまが お出ましあそばされた
 
          オー オー という警蹕の音の波と
          榊のゆさゆさと揺れる音が
          若宮さまを のせて近づいてくる
 
          漆黒の闇のはずが
          煌々と照る 十四日の月が
          頭を垂れた わたしの足元に
          くっきりと わたしの影を作る      

          そのとき
          甘く不思議な香のかおりが
          わたしのまわりを包み込んだ
          まぎれもなく
          神さまが 通り過ぎられた瞬間だった
 
          思わず
          二拍手し
          息を殺した
          遷幸の儀
 
          お旅所の 暁祭にて 
          月輪の鼉太鼓の
          月が空に舞い上がった
          帰宅したのは 夜明け前…
a0212036_20354738.jpg

 
撮影:2013/12/17 (暁祭にて)

【MEMO】
 この夜は 月明かりが まるで真昼のごとくで 
 若宮さまのお姿が 目に見えるような気がした
 美しい夜でした。
 
[PR]
by susatan | 2013-12-18 20:46 | その他 | Comments(8)

写真って凄いと思った日

          名阪の針インターから
          大野に続く道が
          くねくねと 曲がるところに
          室生アートギャラリーがあった。
 
          いろんな芸術家の作品が
          適度に 心地よく 空間に
          溶け込んでいた。
a0212036_929417.jpg

 
          この日 此処に来た理由は
          入江さんの助手のお一人
          桑原英文さんの作品を見るため…
 
          どこを探しても その作品が見当たらない
          一枚 一枚の写真に添えられた名前を
          何度も確認したけど
          やっぱり 見当たらない
 
          「あのぉ どこにあるんでしょうか?」
          「え? そこにあるでしょう?」
 
          と 指差された向こうに一枚の…
 
          「エーーー!!」
 
          凄まじい衝撃でした。
          
          何故 衝撃だったかというと
          お店のドアを開けたとたん
          それは 一番最初に目に飛び込んできた作品で
          しかも わたしは その作品を
          てっきり 絵画だと思ったのです。
 
          写真のような絵は あるのですが…
          写真を 絵だと錯覚してしまったことが
          わたしには ただ ただ 衝撃でした。
 
a0212036_9551594.jpg
 
          入江泰吉さんの
           「写真には人柄がでる
            だから いろんなことをしなさい」
 
          どういうことなのだろう…と思った言葉を
          初めて 思い出した。
        
          桑原英文さん撮影 「天国の池」
          写真を 凄いと思った日でした。
 
撮影:2013/12/09

室生アートハウス
 奈良県宇陀市室生向渕1408 0745-92-2777
 AM9:00 ~ PM7:00
 定休日 毎週水木曜日
 カフェコーナーもあって 室生に行かれたときには ぜひ^^v
 店内の写真は 撮影・掲載許可をいただいております。
 
[PR]
by susatan | 2013-12-16 10:01 | その他 | Comments(6)

室生寺 奥の院への道

          この階段をひたすら登るといい
          ときどき 立ち止まって 天を仰ぐと
          何百年と 成長し続けた杉が
          小さいねぇと わたしを見下ろす
a0212036_17395110.jpg

 
撮影:2013/12/09
[PR]
by susatan | 2013-12-15 17:41 | その他 | Comments(2)

大仏殿近くにて ニュウナイスズメ群れる

          スラリとした女性が
          紅梅の下で 双眼鏡を構える
          彼女の邪魔せぬように
          抜き足差し足になったわたし
 
          彼女が こちらを見る
          「鳥?」
          「ニュウナイスズメの小さな群れが…」
 
          そして 見分け方など教えてくれて
          「いい写真撮ってくださいね~~!」と
          微笑んで 次の鳥を探しにいっちゃった。
 
          このカメラでは…
          わたしの腕では…
 
          そう思いながら 見上げてると…
 
             あっ 飛んだ!
a0212036_22135738.jpg

 
撮影:2013/12/11

【MEMO】 バードウォッチングをしている人に教えてもらわないと スズメだと思うところでした。
 
 
[PR]
by susatan | 2013-12-12 22:19 | 大仏殿 | Comments(2)

冬桜

          冬桜は 一気に 咲くことはない
          だから 一斉に 散ることもない
 
          南大門の屋根を真正面に
          ちらほらと咲き 人知れず散る
a0212036_0255780.jpg

          
撮影:2013/12/11


 
          
[PR]
by susatan | 2013-12-12 00:28 | 境内 その他 | Comments(2)

榊莫山さんの 「東」「大」「寺」

          一度もお会いしたことがないのに
          莫山さんと 親しみ込めて 呼んでみたい

          世界遺産の石碑の 「東大寺」
          沢山の観光客が その前に立ち
          にこにこ顔の 記念撮影をする



          莫山さんが この碑のことを 著書「大和仏心紀行」の中で
          書いておられる。

          抜粋 126頁)
           南大門の前に、ことしの春すわった大きな石の碑がある。
          「世界文化遺産・東大寺」と彫ったモニュメント。その字は、
          たのまれてかいたわたしの字。東大寺の三文字に、力をこ
          めて 昔といまを棲まわせている。
           つまり、「東」は中国の周のころの大篆(だいてん)の書風
          だし、「寺」はまったく新しいわたしの書風。そして「大」は 
          その中間と思ってもらえばよい。  
         
a0212036_2152297.jpg

    
          莫山さんが亡くなられたときに
          あるお坊さまが こんなことを仰ったのを
          聞くことができた

           わたしは 本当は 莫山さんに
           「書」を教えてもらいたかったんですよ。
           よく 上野にあるご自宅に遊びに行ったものです。
           毎回 「今日こそ お願いしよう」と 決心していくのですが
           莫山さんが 「よくきてくれた」と 笑ってくれましてねぇ
           いつも 美味しいお茶を入れてくださり
           いつも 二人で 一時間ほど おしゃべりをして
           そして わたしは 帰るんです。
           毎回 「今日も 言い出せなかった」と 帰路につきました。
           人間にはね 言いたくても 言い出せないことが あるんですよ。


          こんなこと 思いながら 
          莫山さんの「東」「大」「寺」を眺めると
          あのギョロっとした大きな目で
          笑いかけてもらえるような 気が…

撮影:2013/11

【MEMO】 今日は いつもの路線と違い 随分 長くなりました <(_ _)>

                 
[PR]
by susatan | 2013-12-10 22:12 | 境内 その他 | Comments(6)

西大門趾 秋の夕ぐれ

          ずいぶんと
          深い絨毯となって
          イチョウの散葉
a0212036_21134940.jpg
     
          天極堂さんで
          ほっこりしたくなる
          秋の夕ぐれ
 
撮影:2013/12/07          
         
[PR]
by susatan | 2013-12-08 21:15 | 西大門趾 | Comments(4)
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー