東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

二月堂 修二会結界

          25日夕刻
          大きな夕日が
          結界の遠く向こうに
          沈もうとしていた
a0212036_1982576.jpg

          いよいよ
          一段と厳しくなる
          総別火入を明日に
          二月堂の結界を
          夕日が 紅く染め上げた
a0212036_2001113.jpg

 
撮影:2014/02/25

【MEMO】 社参・暇乞い・捨火
 
 
[PR]
by susatan | 2014-02-26 19:16 | 二月堂 | Comments(7)

試別火(ころべっか)入りへ

          19時までに
          練行衆は 別火坊に
          参集する
 
          そのときが 刻々と迫り
          別火坊のあたりを
          20日の夕日が染め上げた
a0212036_2321466.jpg
 
          はやる心を 下駄音に響かせ
          若いお坊様が お一人
          練行衆として別火坊へ
 
          空気は一段と緊張を増す 
          
撮影:2014/02/20
 
【MEMO】 1263回お水取り 試別火入り (新大導師さまは15日すでに試別火入り)
 
 
 
[PR]
by susatan | 2014-02-22 23:28 | 境内 その他 | Comments(4)

千手堂 いよいよの朝に・・・

          15日朝
          千手堂の前に
          雪だるまが 並んでた
          どなたが つくった
          ひとつ ふたつ みっつ よっつ・・・
          数えてみると 11個     
a0212036_81177.jpg

          手前の四つは 四職(ししき)かしら
          向こうの七つは 平衆かしら
 
撮影:2014/02/15

【MEMO】 1263回修二会 新大導師さま 試別火入の朝
 
 
[PR]
by susatan | 2014-02-20 08:10 | 千手堂 | Comments(8)

大仏殿 大雪一夜明け

          大仏さまの前に
          いーっぱいの雪が積もって
          一夜明け
 
          お坊さまも
          足元 気にして
          そろそろと・・・
a0212036_548930.jpg

 
撮影:2014/02/15

【MEMO】
 14日の大雪は 自宅でジッとしてました^^
 15日 やっと境内に来ることが出来て 嬉しかった~(^_^)v
 
[PR]
by susatan | 2014-02-17 05:51 | 大仏殿 | Comments(10)

2014 なら瑠璃絵にて

          瑠璃の光に誘われて
          月も負けじと 輝いた
a0212036_111985.jpg

 
          瑠璃の光に包まれて
          お空の月を眺めていると
          この道 まっすぐ歩いていけば・・・
a0212036_16892.jpg

 
          月の世界に続いているかと
          そんな気がする なら瑠璃絵
a0212036_175796.jpg

 
撮影:2014/02/13

【MEMO】 新公会堂にて
 
 
 
          
[PR]
by susatan | 2014-02-14 01:11 | その他 | Comments(6)

修二会へ 竹掘り起こし

          二月堂へ 
          松明の竹を届けるため
          深い竹林の中で
          選ばれた真竹を
          根付きで 掘り起こす
a0212036_10522448.jpg

 
【MEMO】
 山城松明講社さんの 竹送りが今年も2月11日に行われました。
 
 
 
  
[PR]
by susatan | 2014-02-13 10:55 | 修二会風景 | Comments(8)

静寂 雪の三月堂

          屋根に降りつむ雪の音に
          そっと 耳かたむけて
          おられたかしらん
 
          お堂のほとけさまは
          まだ 眠っておられるかしらん
a0212036_20502664.jpg

 
撮影:2014/02/08

【MEMO】
 予報では20センチ⇒目覚めたら5センチ
 それでも やっぱり 魅せられて東大寺(^^♪
 
 
[PR]
by susatan | 2014-02-09 20:54 | 三月堂 | Comments(8)

吉野山 鬼歩き

          「鬼を見にいこ!」
          「面白いから いこいこ!」
 
          友達が誘いにきてくれた。
 
 
          金峯山寺の節分会は
          全国から追われてきた鬼たちを
          迎え入れ 改心させる・・・らしい
 
          耳をすませば
          「福は~~ うち! 鬼も~~ うち!」
 
          全国からやってくる鬼の様子を表した
          「鬼歩き」が2日に行われた
 
          吉野水分神社前から
          真っ暗な夜道を
          太鼓の音と ほら貝の音が近づいてくる
          「鬼が出たぞ~~」
          「鬼が出たぞ~~」
          と だんだん近づいてくる
 
          すると手松明もった鬼が!!
          まだ民家の少ない道で
          突然 踊りだした♪
a0212036_1145897.jpg

 
          こうして 鬼たちは
          金峯山寺に集まってくる
          だんだん 民家が連なって
          老若男女 手に手に豆をもって
          鬼を 今か今かと待ち構え
 
          「鬼が出たぞ~~」
          「鬼も~~うち!」
 
          町中に 豆が飛び交う 鬼歩き
a0212036_1194490.jpg

 
          暗闇から現れた鬼に
          小さな手をさしのべた子を
          怖がらすこともできず
          頭を撫でた 優しい鬼さん
a0212036_11165923.jpg

 
          ぎゃー!と
          小さな手で かあさんに しがみついた
          泣き声は カメラに写らず
a0212036_11203562.jpg

 
          子供を さんざん泣かせた鬼は
          あちこちで 踊りながら
          金峯山寺に辿り着く
a0212036_11213381.jpg

 
撮影:2014/02/02

【MEMO】 
 友人が 往復運転してくれて 「鬼歩き」を見せてくれました。
 小さい子の泣き顔と 抱っこする親御さんの笑い顔と
 雨のように飛び交う豆の多さと
 「今年は 雪とちゃうから 鬼も楽やで」と 教えてくれるお婆ちゃんと
 こんなところで育ったら
 ぜったい ええ子に育つわぁ~~と 思いました。
 つらつらと 日記になりました <(_ _)>
 
                 
[PR]
by susatan | 2014-02-07 11:32 | その他 | Comments(12)

雪 蝋梅

          とつぜん 
          吹雪いた
          蝋梅の花びら 
          寒さに透き通る
a0212036_2083199.jpg

 
撮影:2014-02-05
[PR]
by susatan | 2014-02-05 20:20 | 大湯屋 | Comments(12)

大仏殿 霧鴟尾

          深い霧が
          朝日をも 包隠して
          大きな大仏殿も
          その在り処が 不明
 
          白い闇を
          風が流れ
          大きな鴟尾が
          すぐ目の前に 現れた
a0212036_15185651.jpg

 
撮影:2014/02/03
          
 
[PR]
by susatan | 2014-02-04 15:22 | 大仏殿 | Comments(4)
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28