東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

無題 @ 2018 冬-3






目を閉じて

雪降るときに来てみたい


呟いた






通りすがりの 冬景色

a0212036_21190526.jpg
撮影:2018/01/13 奈良市




***

カメラしない主人の運転でのドライブでは…
「止めて~」と言って車から飛び降りて撮影すること
かなり少なし(笑)

それでも
此処を通ったときは
「止めて~~~~~~」と叫んだょ^^


運転して貰えるのは
贅沢だと思ってはいるが…
一人で フラッと出かけて
好きな処で 好きなように
撮影してる時間が好き^^

ナイショですょ (笑





第二回プラチナブロガーコンテスト
   (写真部門)

[PR]
# by susatan | 2018-01-15 07:51 | その他 | Comments(8)

無題 @ 2018 冬-2





日射しが
透き通った空気を突き抜けて
落ちてくる


凍てた水面で
乱反射の虹



見えなくてもあるんだよ^^


a0212036_09252473.jpg
撮影:2018/01/13 奈良市

写真clickで大きくなります



***

今朝 夜明け前
お月さまが綺麗やった

目を凝らすと
蠍の心臓 (友人レイジーがそう呼ぶ) が
赤く輝いてた

撮りたかったけど
寒くて(笑)

冬 夜明けの蠍って なぁんか素敵♪





第二回プラチナブロガーコンテスト
   (写真部門)



[PR]
# by susatan | 2018-01-14 09:36 | その他 | Comments(16)

無題 @ 2018 冬-1




夜明けの冷え込みを
おひさまが
溶かし始める頃でした


a0212036_17460320.jpg
撮影:2018/01/13 奈良市



***

あちこち 行けないときに限って
あれも撮りたい これも撮りたい
などと(笑


まぁ ほんとに欲張りですわぁ^^;




第2回プラチナブロガーコンテスト
     (写真部門)






[PR]
# by susatan | 2018-01-13 17:55 | その他 | Comments(8)

今度 此処で 珈琲飲もう




誰にでも
自分にとっての
たいせつな「秘密のオアシス的 処」あるっしょ


ワタシにとっての それは
奈良にある小さな市場(ほとんどお店が閉店してる)にある
中華飯店で


ある日
その市場の写真を撮りに行ってたら
お店から出てきたご主人が



「おっ カメラするんかぁ 寄っていき」と
めっちゃ なつっこく
声かけてくださり


ワタシは ごく自然にお店のカウンターに座った



それから
ときどき 何かに疲れたら
カウンターの端っこに座りにいく




昨日半年以上ぶりに
友人カメラマンさんと食事をしに行ったら

細い通りを挟んだ向うに
とてもお洒落な珈琲ショップが出来ていた



窓越しに 不思議な空気感
向うのご主人に会釈して
カメラを見せたら
快く写真OKとの笑顔くださる



*
*
*



今度 此処で 珈琲飲もう

a0212036_08380283.jpg

撮影:2018/01/11

写真clickで大きくして
珈琲の香り漂う気がしたら
珈琲淹れようね

***

実は ほとんどのお店が閉まってるけど
この市場が賑やかだった頃
ワタシの通学路だったわけで
あちこちのお店に 「タダイマー」と挨拶しながら
通り抜けてた^^

だから 思い出の場所でもある…

今いくと 千と千尋の神隠し的雰囲気も漂う(笑)




中華飯店のご主人は
シノゴで
大和路風景を大切に撮っておられる
大先輩カメラマンさんだ

入江泰吉さんの思い出も
いっぱいお持ちのようである


今日はちょっとプライベートなお話で また長文でした




第2回プラチナブロガーコンテスト
   (写真部門)




[PR]
# by susatan | 2018-01-12 10:13 | その他 | Comments(8)

ある石碑 @ 二月堂




高校時代
ワタシ あまり良き生徒ではありませんでしたね






古文の先生…

白髪で 背が低く
早歩きで あの年齢になられても
学生カバンを下げておられた



この先生に唯一褒められたのは
「昨日 興福寺の薪能に行った人いてるかしら?」の問いに
手をあげたのは ワタシだけだったこと




だから

薪能の 炎にゆらぐ能面と
いつも 凛としてた先生の面影が重なるのです




何十年も経ち
先生のことなど すっかり忘れてた


ある日
二月堂の遠敷神社への階段脇にある
寄贈奉納した人の石碑の名前が目に飛び込んできた



ずっと昔 見慣れたあの文字
先生の名前が そこにあったんよ



昨日 実は8か月ぶりに
夜の東大寺を歩いた


二月堂に行くと


あの石碑に 瓜灯籠が輝いていた

a0212036_12502600.jpg
撮影:2018/01/07



***

もっと その距離を縮めていたら…と思うことが
増えてきた この頃^^


文章ナガナガの更新で m(__)m
ユルユルと助走つけてますので
(笑)


今年も めざせ!! 文書少なめ 写真のみの更新!!
イェーィ♪


第二回プラチナブロガーコンテスト
   (写真部門)

[PR]
# by susatan | 2018-01-08 13:35 | 二月堂 | Comments(16)

薄雪化粧 @ とある田




去年見つけた 小さな田んぼ
その形がとても愛らしくて



今年は 此処で
いろんな季節を撮影したい






薄雪化粧

a0212036_09072688.jpg
撮影:2018/01/03
写真clickで大きくなります


***

最近 ますます田んぼのある風景が 妙に好きです
心が ほわんとするからです

そして
体力ないので 車でスィーーッと行けるのが条件です(笑

なので
益々普通の風景を楽しむ一年になりそうな^^


普通の処に行く時は 誘ってください(爆)






第二回プラチナブロガーコンテスト
   (写真部門)

[PR]
# by susatan | 2018-01-07 10:00 | Comments(4)

壁と煩悩と 小さな satori




山の上の小さなお寺にて




sa・to・ri




心の中の
自分で越えるしかない壁



高くて
泣きそうなくらい冷たくて
その前に 立ち尽くす




でも
山の上のお寺の
ほとけさまが仰るには


おまえが思うほど
その壁は険しくはない

障子の紙一枚のごとく



さぁ
越えるのも


a0212036_09010751.jpg
撮影:2018/01/01

写真clickで大きくして 雪の境内風情をおたのしみください(笑)




***
去年の秋 訪れれなかった
イチョウの写真が撮れなかった
すると 帰り際に
両の手のひらに
「去年の銀杏や」と
ご住職さまが 袋いっぱいの銀杏をポンとのせてくださった
「108つあるから」

ワタシ「え!煩悩ですやん」
ご住職が 笑いながら
「一個ずつ 食べてしまいなさい」
と仰る


そぉや
壁も煩悩も 自分で…や^^

食べてしもたる!
と 今日も電子レンジで ギンナン・ポンポン^^


(雪の境内の写真じゃなくて ワハハでございます^^)







第2回プラチナブロガーコンテスト

     (写真部門)
[PR]
# by susatan | 2018-01-06 17:15 | その他 | Comments(14)

冬 飛火野




鹿のいない風景

(笑)



少しだけ吹雪いた
雪が
高円山の火床を化粧した朝




鹿がいないことが
新鮮w



a0212036_16361292.jpg
撮影:2018/01/03

写真clickすると大きくなりますが 鹿いません(涙



***
鹿さんが絵になる有名なポイント^^
中途半端な時間には カメラマンもいません^^
秋は めちゃ紅葉の綺麗な処です

写真の高円山の真っ白な処に 夏の夜 「大」の文字が燃えます



だぁれもいないと さびしぃやんか





第二回プラチナブロガーコンテスト
   (写真部門)

[PR]
# by susatan | 2018-01-04 16:56 | その他 | Comments(10)
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー