東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

タグ:写真家・写真集・展覧会 ( 18 ) タグの人気記事

春の土




掘り起こされ
豊かな土が目覚める

冬色と春色混在の朝
a0212036_09273472.jpg
撮影:2017/03/27 写真clickで大きくなります



【写真展 ご案内】

志岐利恵子 写真展
支えられて今

ニコンサロンbis大阪にて
~3/29(水)
10:30-18:30(最終日は15時まで)


***
いっつも彼女の優しい切り撮りの奈良があります
そこには ひとつひとつ「営み」があります
とっても楽しみな写真展♪
今日 行くよ~~☆

[PR]
by susatan | 2017-03-27 09:58 | その他 | Comments(0)

ありがとうございました @ 写真展



以前ブログでご案内させて頂いた写真展
「なら歳時記 それぞれの春」
3/5を持ちまして無事終了となりました。


ちょうど東大寺の修二会に突入し
なかなかお礼を申し上げることができず
本日となりました。


このブログで写真展を知り
遠方から奈良旅の合間にお立ちより頂いた方や
休日に お運び頂いた方
などなど


25人それぞれの「春」を楽しんで頂き
また温かいメッセージを残して下さり
本当に感謝の気持ちでいっぱいです


これからも
いろんな風景やシーンに出会いながら
過ごしていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


ほんとに ほんとに ありがとうございました!!

a0212036_14164681.jpg
まもなく 奈良公園も桜の季節になります♪ 写真clickで大きくなります




[PR]
by susatan | 2017-03-22 14:33 | その他 | Comments(4)

ただ今開催中!! 写真展のご案内をさせていただきます



寒さ厳しい奈良ですが
若草山の山焼きも無事終わり
まもなく 節分を迎え
そして 東大寺修二会が始まります




このたび
「奈良 歳時記 …それぞれの春…」
という写真展にお誘い頂き
わたしの作品も展示させて頂くことになりました。



修二会が終わると 奈良に春が来るといいます



ひとあしさきに
参加25名が 一人一点ずつ持ち寄った
計25個の春が
皆さまのお越しをお待ちしております!!




開催場所は
猿沢池のすぐ近く
三条通りの
クロネコならTABIセンター2階です




お近くにお越しの節は お気軽にお立ちよりください^^!!!

a0212036_16265947.jpg



[PR]
by susatan | 2017-01-31 16:43 | その他 | Comments(14)

写真展のお知らせ



この4月からご縁あって
お世話になってる写真クラブさんの
合同写真展があります。
a0212036_21163362.jpg

ぇっと
まだ3回しか通ってない私ですが
皆さまのご厚意で
2点出させて頂けることになりました。


お忙しいとは思いますが
お越しいただけたら
ほんとに嬉しいのであります!!


って
「東大寺」の写真じゃないんですけどね^^


ほんとは
恥ずかしいから誰にも言わないでおこうと思ったんですが

やっぱり わたしにとっては
滅多にないことですので

みんな きてね~
んーー 来てくれたら 嬉しい!!

a0212036_21165195.jpg


[PR]
by susatan | 2016-07-30 21:28 | その他 | Comments(20)

写真家 三好和義さん -東大寺大仏殿にて-


ある夏の朝
大仏さまは 静かに誰かを
見つめておられた

a0212036_18560582.jpg




早朝の大仏殿で
一枚の写真を撮影した

そのとき
わたしが 見つめていたのは
憧れの写真家 三好和義さん

わたしが ほんの三回
シャッターを押しただけだったが
わたしにとっては
大きな衝撃の シャッター三回の瞬だった



a0212036_18561833.jpg


『Mr.MIYOSHI 東大寺お身拭いにて』
まるで少年のように 大仏さまを見つめ続ける三好和義さん。
憧れの写真家さんの撮影風景を見れたのは 夢のような一時だった。
この瞬間 三好さんは 大仏さまに恋してると わたしは思った。
撮影:2015/08/07


そして わたしも そうありたい
いつも 恋心を持ってシャッターを押したい
技術も知識も何もかも素晴らしい三好さんが
撮影のとき見せた このまなざしは
これからも写真を撮りたいと思うわたしの
だいじな だいじな 道しるべだ。

三好先生 ブログ掲載を許可くださりまして 本当にありがとうございます。



[PR]
by susatan | 2015-08-21 19:14 | 大仏殿 | Comments(19)

桜花は なくとも… 写真家 桑原英文さんの一行


          この春 一冊の 桜のガイドブックに出会った
          その あとがきの 最後の一行を
          しみじみ 思い出す


          … 何分咲きでも 満開でも、
            あるいは散り果てても、
            それもまた良し。
            出会った時がその桜の見ごろである。… (あとがきより)




          おかげさまで こんな綺麗な桜に 会えました

a0212036_07424792.jpg
撮影:2015/05/08

【MEMO】
  大和文華館の「三春滝桜」
   福島県三春町から天然記念物「三春滝桜」の若木を寄贈され植えたもの。
   S59.5.3 福島県三春町 歴史民族資料館寄贈 


  文中の本 ➡ 「奈良 大和路の桜」 写真・案内文 写真家 桑原英文
           発行所 淡交社
  案内文が 撮影された桑原先生自ら書かれたものですので 写真撮る者にとって
  ほんとうに 言葉からもその風景が伝わってくる一冊です。
  もっと早く 桜の季節に紹介したかったのに 大失敗。
  ちなみに わたし 鹿児島天文館通りの本屋さんで 「大和路の桜」の本ください。
  と・・・・買い求めました^ ^ ;
  桑原英文先生は 入江泰吉先生の助手をなさっていたお一人です。




[PR]
by susatan | 2015-05-10 08:06 | その他 | Comments(14)

松園 鼓の音

          美術館のガラスケース越しに
          幾度も 眺めた 「鼓の音」

          この日は お茶室のお軸となって
          お客様を 迎えてた

          道具は道具として活かされたとき
          その魅力は 何百倍にも輝くと

          お茶室の 「鼓の音」に
          命がやどり 頬が紅色に見えた
          

a0212036_18500322.jpg
撮影:2015/04/16 (松伯美術館 「観桜の宴」にて 撮影許可頂きました)
【MEMO】
 松伯美術館 「いのちの輝き」上村松篁展(前期)4/26まで
 わたしの大好きな上村松篁さんの特別展です。
 今回は 現在一番好きな「青柿」が展示されてるので とても嬉しいのですが
 白木蓮を描いた「鳥影趁春風」を見たときに 恋してしまいました^ ^
 この春 東大寺境内のあちこちの白木蓮を 何日も眺めてたからかもしれません。
 とても素晴らしい展覧会ですので 興味ある方は ぜひ!!



[PR]
by susatan | 2015-04-16 19:01 | その他 | Comments(2)

入江泰吉旧居  気配

          なぜ
          わたしが
          此処に来たか

          訪れてみて
          はじめて わかった

          それは
          書棚いっぱいの本の間に
          先生が 拾われた
          紅葉の葉が はさまってはいないか

          それは
          書斎に置かれた
          先生愛用の 椅子が
          ゆらりと 揺れてくれないか

          わたしは 気配に 触れたかった
a0212036_8135360.jpg

撮影:2015/03/06 入江泰吉旧居
【MEMO】 書棚の本を手にすることは出来ません。文中はイメージです はい^ ^ ;
[PR]
by susatan | 2015-03-07 08:14 | その他 | Comments(2)

心惹かれる 「蓮」 上村松篁

          松伯美術館の
          開館20周年記念展に
          行ってきた

          カメラ持たないときは
          美術館で じーっとする

          三人の画家(上村松園 松篁 淳之)の
          世界の中で じーっとする

          そして ある絵に出会った


          息がかかるほど 近づいて
          葉脈の描き方を探したけれど
          どんなに目を凝らしても
          綺麗な緑の お皿のよぅ…

          不思議な感じ…


          一歩 
          二歩と 後ろに下がる

          三歩
          四歩と 下がって 眺める

          わたしの 歩幅で 
          六歩下がったときに

          その位置から
          動けなくなった

a0212036_18502883.jpg


          それは
          夏に過ごした 小さな蓮池を
          思い出したから


【MEMO】 松伯美術館 現在開催特別展詳細→
     この三人の素晴らしい方の作品は どれも大好きなのですが
     じーっとしにいって 心惹かれるのは いつも松篁さんの作品なのです。
     たったこれだけの 葉と蓮の花で シンプルで…
     以前「青柿」を見て思ったことと同じことを今回も思ったのですが…
     それは こんな写真を撮りたい。それがどういうことなのか
     まだ 答えが見つかってません。     
     そして今回も買うことが叶わないので^^; 
     ポストカードを買って いつも見えるところに…♪ (冬眠中の私)
[PR]
by susatan | 2015-01-12 19:26 | その他 | Comments(6)

入江さん 門の鈴

          思い出が 突然 甦るのは
          映画のワンシーンだったり
          風景だったり
          誰かと聴いた音楽だったり

          ある日 
          一人のお坊様と 歩いたとき
          衣の擦れる音と 下駄の音で
          ずいぶん前に亡くなった 
          懐かしい祖父が 鮮烈に甦った
 
          わたしは 思わず
          「おじぃちゃんと同じ音ゃ…」
          とつぶやいた

  
          あの日から
          「音」は ときおり
          激しく思い出の扉を
          叩くものだと 思っている


          一年前
          ひっそりとした 
          入江邸の格子戸に
          小さな秋を 見つけた
a0212036_1873478.jpg
 
          この鈴を 入江さんが 
          最後に鳴らしたとき
          いったい 何処に 
          撮影に行かれたのだろう…

          ちょうど一年前
          この写真を撮ったとき
          格子戸の音や 鈴の音が
          とても聞きたくなった
 
撮影:2013/12/07
【MEMO】 この写真を撮影してから しばらくして 鈴も表札も外されて 工事に入りました。
      先日 前を通ると 綺麗になった表札や看板や「鈴」も戻されてました。
      入江邸が 一般公開され わたしたちが 格子戸を開けるとき どんな音が鳴るのでしょうね。
 
             
[PR]
by susatan | 2014-12-08 18:19 | その他 | Comments(6)
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー