東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

タグ:鹿 ( 88 ) タグの人気記事

春惜しむ

          今年は
          何色の春に
          出会ったか と
          考えてる間に
          一瞬の 
          春惜しむ
          
a0212036_09361362.jpg
撮影:2015/04/05



[PR]
by susatan | 2015-04-11 09:39 | 二月堂供田 | Comments(2)

巨樹 桜風景

          桜 いちめんに 散り
          鹿 のんびりと 桜食む

          巨樹 かわらず そこに立ち
          はなびら ひとつ またひとつ
          苔むす巨樹に そっと 散る
a0212036_15472566.jpg
撮影:2015/04/06



[PR]
by susatan | 2015-04-09 15:55 | 境内 その他 | Comments(4)

戒壇堂 桜舞い散り…

          戒壇堂への石段も
          春の雨で しっとりと

          戒壇堂のある丘を
          桜舞い散り 染め上げた


a0212036_23300274.jpg
撮影:2015/04/05



[PR]
by susatan | 2015-04-06 06:18 | Comments(6)

不動堂 雨中白木蓮

a0212036_19291191.jpg

          霧のような雨が
          花びらに積もり
 
          やがて 
          しずくの重さで
          はらりと 舞い落ちる


a0212036_19293866.jpg



          木蓮の木の下で
          その瞬間を待ち続ける
          一頭の鹿がいた

          雨は 音もなく降り続く


撮影:2015/04/01
【MEMO】ときどき ドキッとするような風景に出会います。
     こんなシーンに出会うと 時間が経つことを忘れてしまいます。
[PR]
by susatan | 2015-04-01 19:35 | 不動堂 | Comments(2)

ようこそ ♪ -わたし流 東大寺編-

          まずは
          壁のように建つ
          南大門の大きさに
          己の持つ「物差し」の小ささを知る

          そして
          おっかなびっくり
          門を通過するとき
          両脇から 睨み付ける
          仁王さまの 威圧感に
          「教科書で見た…」とか
          小さな知識を 呪文のように
          唱えてみる

          なんとか
          仁王さまの前を
          無事通過したとき
          いよいよ 目の前に 広がる…

          一千年以上の時の流れと
          とてつもなく大きいことと
          まずは 単純に感覚のアンテナ立てて
          
          ようこそ 東大寺へ ♪
a0212036_1254497.jpg

撮影:2014/12
【MEMO】 諸事情で暫く撮影ができません。撮り貯めたデータから更新ですみません。
[PR]
by susatan | 2015-01-09 13:01 | 大仏殿 | Comments(4)

小鹿 ふゆのゆふぐれ

          ふわっふわの 冬毛が
          ぴゅーぴゅー北風から
          小鹿を まもる

          わたしも 小鹿も
          寒さで 凍りつき
          動けない

          ときおり 小鹿が
          ちらちらと わたしを見る

          ねぇ わたしは 家に帰るけど
          きみは どこで夜を過ごすの ?
a0212036_8234369.jpg

撮影:2014/12/18 (講堂跡あたりにて)
[PR]
by susatan | 2014-12-20 08:29 | 鹿 | Comments(6)

東塔跡木立

          たしか
          この木々のむこうに
          東塔跡があったはず

          なのに
          横切る鹿の
          ゆくえが気になった

          ひょっとしたら
          藤城清治さんの 
          影絵の森が
          あるかもしれないと
          ふと 好奇心
a0212036_16552310.jpg


          すると
          ひょっこり 顔を出した鹿が
          「あるかもしれないよ」と
          声かけてくる
          ミステリアスな東塔跡木立         
a0212036_16554688.jpg

撮影:2014/11
[PR]
by susatan | 2014-12-15 17:38 | 東塔跡 | Comments(2)

僧坊跡にて 晩秋に溶け込む

          もう 誰もいなかった
          たくさんの 人々が
          イチョウ散るのを合図に
          すっかり 消えてしまった 
a0212036_21524099.jpg
  
          僧坊跡で 名残のモミジを
          見上げていたら
a0212036_21535298.jpg

          鹿たち わたしを
          チラリと気にしただけで
a0212036_21545397.jpg
 
          いつもの 
          のどかな日々に
          戻っていた
a0212036_2158453.jpg

撮影:2014/12/03
【MEMO】 夕刻に少しだけ境内に寄りました。
         
 
[PR]
by susatan | 2014-12-03 22:01 | 僧坊跡 | Comments(10)

東塔跡 小鹿に誘われ

          新しい落ち葉が
          歩くたびに あたりに響く
 
          驚いた小鹿が
          ぴょんと 跳ねた
 
          小鹿に誘われ
          東塔跡へ
a0212036_7272370.jpg

 
          もうじき
          2014 秋 東塔跡物語の
          はじまり はじまり…
a0212036_7304924.jpg

撮影:2014/11/21


          
[PR]
by susatan | 2014-11-25 07:32 | 東塔跡 | Comments(4)

巨樹と鹿  (東大寺境内にて)

          雑木林にある
          おおきな樹と
          
          角を切られても
          なお 猛々しい牡鹿は
 
          どちらも ちかより難い
          気を放つ
a0212036_2221156.jpg

          そんな樹の
          うねる根に抱かれて
          小鹿が うとうと
          居眠りしてた
a0212036_22283631.jpg

          
撮影:2014/11/12
【MEMO】 この牡鹿は 角切りから逃れて 晩秋まで角鹿でいてることが多いのですが
       この秋は 見事に角を切られてました。
       かっこいい鹿なのですが 角がないと… 
       奈良公園では仕方のないことですが。
 
 
[PR]
by susatan | 2014-11-14 22:34 | 鹿 | Comments(10)
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー