東大寺が大好き

susatan.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:講堂跡( 53 )

鹿さんを守る人たち ♪

          私が ガサッと足音を立てた
          小道のすぐ向こうに 
          雌鹿が じっとこちらを見る
 
          普通なら 臆病な鹿は パッと森の中に消えるのだが
         
                なんだか 変
 
          口元から涎が 糸をひき
          立ってるのがやっとという感じ
 
          逃げたいだろうに 逃げることも出来ずに
          私を じっと 見つめる
 
               これは オカシイ
          
          咄嗟に 鹿愛護会に連絡を入れた。
 
          半時間も経たないうちに 愛護会のレスキューの方が到着し
 
          鹿を驚かさないように そっと近づき
          麻酔をうち 麻酔が効くまで じっと彼女を見守る
 
          やがて 彼女は 崩れ落ちるように 
          芝生の上に 横たわった。
 
          レスキューの方は そっと彼女に近づき
          驚かさないように その目を閉じてあげた。
 
          そして そぉっと 彼女をトラックに乗せた。
 
          きっと 何か悪いものを食したのだろうというお話で
          鹿苑に 保護してくださった。
 
          綺麗な緑のレスキューカーは
          奈良公園の鹿を守り
          そして 鹿と人間が共存できるように
          色々な面で働いてくださってる。
 
          鹿苑に帰る車を ホッとして見送った… 
          
a0212036_18403266.jpg

 
11/13:撮影
 
【MEMO】。
 食べ物の匂いのするビニールなども鹿さんは判らずに食べて大変なことになる。
 だから  広い奈良公園には ごみ箱がない。
 せめて 自分たちで持ち込んだものは 全て持ち帰ってほしいと思う。
 
[PR]
by susatan | 2012-11-13 18:57 | 講堂跡 | Comments(2)

講堂跡 魔法のカメラ ♪

          講堂跡に
          桜紅葉を見上げる人
          じっと 見上げて 佇んで
 
          彼女の手には 魔法のカメラ
          彼女がシャッター押したとたん
 
          着ていた服が 桜紅葉
          シャッター押すたび 桜紅葉
          バッグも ブーツも 次々と…
 
          こんなステキな魔法のカメラ
          もし手に入ったら 
          最初のシャッター 何処で押そう♪
a0212036_1685378.jpg

 
 
11/08:撮影
 
 
[PR]
by susatan | 2012-11-10 16:12 | 講堂跡 | Comments(2)

大仏殿 ナンキンハゼに染められて

          ナンキンハゼが
          夕日に照らされ輝いたとき
          大仏殿も 染め上げられた
 
          秋 夕暮れの 待ちに待ったひととき
a0212036_8185753.jpg

 
 
11/08:撮影
 
 
          
          
[PR]
by susatan | 2012-11-10 08:19 | 講堂跡 | Comments(2)

講堂跡 黄昏時

          濃蜜柑色の夕陽が斜交いに
          講堂跡に 突き刺さって
          ほんとは 夕陽が見えるところに
          行きたいと思いつつも
 
          夕陽が沈むスピードが
          世の中の何ものにも勝る時刻で…
 
          悔しくて 夕陽に背を向けたら
          違うものが見えてくる…
 
          通称 「公慶道」のある木立が
          夕陽を浴びて 不思議世界…
a0212036_19563497.jpg

 
          斜交いな夕陽は
          公慶道まで 届きそうで…
          もう一度 夕陽を振り返ると
          いにしえの礎石が
          ゆったりと寝そべっていた

a0212036_2015156.jpg

 
   
          
         
          
[PR]
by susatan | 2012-06-29 22:00 | 講堂跡 | Comments(0)

バンビ 見つめる瞳

          鹿苑で保護されずに
          生まれたバンビが
          東大寺の境内の あちこちに…
a0212036_22165868.jpg


          ちょっと オドオドした瞳して
          物陰から こちらを伺う
a0212036_22175972.jpg

 
  
 
[PR]
by susatan | 2012-06-14 21:00 | 講堂跡 | Comments(2)

東大寺 春のラッパイチョウ

          ある本に
          東大寺境内にも 
          ラッパイチョウがあると書いてた。
 
          それから探し 探していたけれど…
 
          数年前の秋
          大きなイチョウの下で
          黙々と 探し物をしている男性がいた。
          その人こそ ある本に情報提供なさった人だった。
 
          春 雄花を枝にいっぱいつけて
          光の中に 大きな枝を 思いっきり広げる
          目を細め じーっと 見上げるイチョウの木
a0212036_21592891.jpg

 
          可愛いけれど 生意気に 
          ラッパの形をした葉を発見♪
 
          ひょっとしたら
          影絵の 藤城清治さんの
          森の中の小人が吹くラッパは
          喇叭銀杏の ラッパかな?
a0212036_220328.jpg

[PR]
by susatan | 2012-04-24 22:00 | 講堂跡 | Comments(0)

講堂跡 礎石の春

          大きな礎石が むき出しに並ぶ
          このあたりの地中には…
          ずーっと昔の さまざまな「こと」が
          時が止められたまま
          今もなお 眠っていそうな ト・コ・ロ
 
          礎石が 在りし日の あの時代への
          タイムトラベルの 入口なのかも…
 
          サクラ 花びら 舞う舞う 春の日…
a0212036_6591836.jpg

 
 
[PR]
by susatan | 2012-04-21 21:00 | 講堂跡 | Comments(0)

ちょっと白い鹿

          人通りの多い参道を避けて
          静かに過ごす鹿たちは
          臆病な子が多いという
 
          そんな鹿群れに
          ちょっとだけ白い鹿がいてる
          昨年生まれた子かな…
 
          無事 厳しい冬を乗り越えたんだね
          
          かわいさゆえに 人間から追い回されて
          神経過敏にならぬよう
          そっと遠くから 見守ってあげたい
a0212036_7202477.jpg

 
 
[PR]
by susatan | 2012-04-10 21:15 | 講堂跡 | Comments(0)

講堂跡 霜降り 水凍る朝

          頬が痛いくらい寒い朝
          枯れ色の講堂跡 真っ白に霜降りル
          水を飲みに来た鹿も 薄氷に アキラメル
a0212036_6543797.jpg

          
          
[PR]
by susatan | 2012-02-28 21:30 | 講堂跡 | Comments(1)

公慶道

          塔頭龍松院の前から
          大仏殿への南北の道を
          「公慶道」というらしい
          
          公慶上人が
          龍松院と大仏殿の間を
          大仏再建の志を胸に
          朝に夕に行ったり来たりなさった道
 
          ひょっとしたら 大きな杉の向こうから
          間衣をひるがえして
          公慶上人の姿が現れそうな............
a0212036_22223967.jpg



        
[PR]
by susatan | 2012-02-06 21:00 | 講堂跡 | Comments(2)
line

東大寺が大好き♪ 出会った東大寺の「カケラ」を集めてみたいなと思いました。 過去の写真も少しずつ追加していっております。東大寺の小さなカケラをお楽しみください。


by すさたん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー